スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ミャンマーチーク』の思い出

ミャンマーが原木の輸出を禁止に踏み切ったとの記事を感慨深く読みました。
もう15年ほど前になりますが、ミャンマーから木材を、正確に言えば『ミャンマーチークのフローリング』を自社で輸入することを検討したことがあったのです。
弊社のお客様の法人企業の方が、『ミャンマーの王族関係者』を伴って『ミャンマーチーク』のセールス先として弊社に来られたことがキッカケでした。

001_convert_20140519185657.jpg

『ミャンマーの王族関係者』はUさんと言い、何番目だかの王位継承順位があるとのことでしたが、年月の経過とともに順位は忘れてしまいました。
Uさんは非常に物腰が柔らかく聡明な方でした。
我々がチーク伐採現場の話を尋ねるだけで、伐採現場の状況解説だけでなく乱開発・破壊的伐採への配慮にまで言及されるあたりにセンスを感じたものです。
弊社のような規模の会社にセールスをされたのは、たまたま来日したばかりで日本の市場について全くの不案内だったからでしょう。
Uさんが『ミャンマーチークのフローリング』をセールスしたいのは、原木でなく製品であることだからだというのです。
国の産業の発展を願ってのことでした。

Uさんの熱意に応えたかったのですが、ちょうど国産材それも地元の木材を使用した住宅にシフトしつつあった時期であったことや流通型の材木屋ではないことからボリュームの問題もあり取引には至りませんでした。

今回のミャンマーからの原木輸出禁止に至るまでに、取引が制限されていたこともあり、現在では市場でのチークの流通量は少なくなっています。
時々市場で、デッドストックのようなチークの板を見かけるとUさんを思い出します。
チークは素晴らしい木材です。
私が仕入れる量など多寡が知れていますが、正しく評価して取引・入手したいと考えています。

弊社の倉庫に眠るチークの板を高く評価して使っていただける方がいましたら、お問い合わせください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。