スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木材業界の年次総会にて

今日は、朝から木材業界団体の年次総会のハシゴ、ハシゴ、ハシゴ。
斜陽産業の木材産業なれど業界団体の存続が危ぶまれるところまでには至っていません。
私は自身が理事役員でなくても、できる限り出席するようにしています。
議案を注意深く見ていると、木材業界のトレンドが分かるからです。

今日は5月とは思えぬ暑い一日でした。
ほぼ一日一緒だった人もいれば、担当者が替われど同席する会社もあります。
そのようなケースの会社は似たような業態であるように思います。

会社の株主総会でもそうですが、どんな団体の総会でも意見や質問をする人間は煙たがられるのが日本社会です。
斯くいう私も、某企業の株主総会で経験したことがあります。
我田引水的利益誘導の意思など微塵もなく、株主・企業のためとあっても意見・質問することを嫌う風土が日本にはあります。
客観的かつ合理性のある議論の文化がないのだと思います。
総会での意見・質問は『手鏡』であるくらいに鷹揚にとらえ、有難く傾聴し丁寧に対応するべきでしょう。
悪意ある場合は、徹底的に戦うべきですが・・・。
シャンシャンシャンと進行しては、日常の業務にも緊張感が失せていくものです。

業界団体の活動に熱心であることで自分に利があるか、徳になるかと問われることがあります。
利や徳を求めるならば、業界団体の活動は足枷です。
私は自身が生業とする木材産業への信認だと考えています。
可能な限りの尽力を果たしたいと。

011_convert_20140530220749.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。