スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

維新分党と岐阜

『数の論理』を否定するつもりはありませんが、今回の維新分党を契機とした野党再編について

民主党が政権を取ったものの中身が伴わず崩壊に至ったことや、地域政党の大阪維新をルーツに持つ日本維新の会と太陽の党が合流して第三極ならぬ民主党に替わる二大政党の一翼を担おうとまで目論んだものの結果として分党に至ったことも、『数』が万能ではないことの表れだと考えます。
にもかかわらず、野合とも徒党とも揶揄される安直な野党再編には、同じ轍を踏むことの自覚はないのだろうかと、田舎の零細企業主は呆れているのですが・・・。
政権獲得や党勢拡大のためなら、何でもかんでも『数』を確保すればよいと、政治信条・理念など関係なく、一つの政党に政治家が集まっても成立可能なのは(昔の)自民党だけです。

橋下徹は、地域政党・大阪維新の会の原点に立ち返って、大阪・関西に根をおろし捲土重来を図ることに正当性があると考えます。
大阪・関西での圧倒的支持の高さを取り戻すことをターゲットにした活動に注力するのです。それが大阪都構想の大義であると。
今日、国策(例えばリニアも大阪への延伸は明らかにされず)は大阪・関西を軽視したものであり、関西経済の地盤沈下は著しく大きいように思われます。
大阪・関西ならではの政策を掲げ、大阪・関西の再興を果たすことを大阪維新の実績とした上で、国盗りに臨むこと現在の橋下・維新の置かれたポジションには相応しいと考えます。

実は、岐阜県でも維新分党はトピックです。
4区に藤井孝男(正式には東海ブロック)と今井雅人(比例復活)がいます。二人は日本維新の会の代議士ですが、藤井は維新と太陽の合流によりますし、今井は民主から維新に移った後に太陽の合流があった経緯から同じ日本維新の会の代議士でありながら出自が違うと言えます。
それぞれ藤井は太陽に、今井は維新に分かれるのが妥当でしょう。
すると今井の立ち位置は微妙であるとも思われます。

ウルトラCで『ぎふ維新の会』でも立ち上げますか。
首都機能移転くらいの旗を掲げて。かつては『東濃に首都機能を!』なるコピーを岐阜県内で多く見かけましたが、立ち消えになっています。しかし震災以降、意味を持ってきたと考えられますし・・・。
無責任ですかね・・・。しかし、これくらいのパ~っとした打ち上げ花火が欲しいと思うのですが。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。