スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろず相談

弊社・本庄工業では365日24時間フリーダイアルでお客様への対応をしています。
コールセンターへの委託と言う形ではなく、弊社スタッフによるところがミソです。
普段は本社事務所で受け付けていますが、休日や営業時間外は携帯電話へ転送されます。

私がフリーダイアルの転送を担当していた時のことです。
早朝にフリーダイアルの携帯が鳴りました。
声の雰囲気が頼りなさげな女性から、
「〇〇(住所)のAですが、朝起きると家中の電気が消えていて・・・。主人は出張でいないので、どうしたものかと思って電話を・・・」と。
フリーダイアルにお客様からいただく電話の中でも、「電気がつかない。」、「ブレーカーが飛んだ。」というのは比較的多いように思います。
「漏電ブレーカーが作動したのだと思われますが、大丈夫です。」と、私は答えました。

この『大丈夫です。』が重要だと考えています。
電話をいただいた時の不安げな声から、まずは安心して落ち着いて対応していただくことが第一と考えたからです。
漏電ブレーカーが作動している限り、漏電事故の発生の可能性は、まずありませんし。

建物の引き渡し時に、ブレーカーが遮断した時の処置についての説明資料をお渡ししていますが、たいていの方は御自身で対応できないと思います。特に初回の場合は、そうでしょう。
応急処置方法を電話でお知らせして対応していただくと案外簡単なことなのですが。

弊社・本庄工業の仕事は『木・住まい・建築』です。
『木・住まい・建築』に関することなら何でもお気軽にご相談ください。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。