スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

割り箸とカネ

「お前は、すぐに『カネ』の話をする。」との声が聞こえてきそうですが・・・。

昨日、岐阜大学で、『割り箸』は失われた木材需要の象徴である」という話をしながら頭の中では、ある妄想が渦を巻いていたのです。
それは日本製の割り箸を使うべき飲食店のガイドラインについて。

安価な中国製割り箸は生産過程で使われる薬剤・漂白剤などの健康面の問題から違法伐採・破壊的な大量伐採の環境面での問題から日本製の割り箸を使うべきだと言うことは簡単です。
しかしコストの優位性から、その割り箸を選択するのが今日の日本社会です。
また日本国内の杉・桧を中国に輸出し中国で割り箸を生産し輸入されたものもあるので、日本製の割り箸と一括りにできない現状もあることを知っている私ですが、あえてここは『日本製の割り箸』とします。

『日本製の割り箸』は多くの場合、製材の工程で出た端材から生産されてきました。
木を無駄なく使い切るサイクルの中に『割り箸』があったのです。
ところが安価な輸入割り箸に押され、需要が減少すると、端材は割り箸にされるのではなくチップに回されるようになったのです。
チップとは粉砕して製紙原料などに使われるものです。

コンビニなどの安価な中国製割り箸。一膳あたりの単価は50銭程度。
一方、日本製の割り箸は安いものでも3円くらいするのです。
一膳10円出せば、そこそこ上等なものが購入できます。

上場している飲食業の財務諸表を見ると、だいたい原価は50%程度です。
単価が低い業態や客数が多い業態は総じて原価率が高くなる傾向があります。
ですから客単価400円のコンビニ弁当やファストフード店で、割り箸一膳3円は負担が大きい。
店側、販売する側がサービスで割り箸を付与する限りは中国製が使われるのは当然でしょう。
スーパーでのビニール袋が有料化されたように、法律や条例で割り箸の無料配布を禁止しない限りは安価な中国製の割り箸が幅を利かしたままです。

一方、客単価2000円を超える飲食店の場合はどうでしょう。
一膳あたり3円割り箸のコストが上がったところで与える影響は少ないので、日本製の割り箸を導入する費用を負担できますし、高級感なる付加価値も生まれます。
この価格帯の飲食店では『マイ箸』を推奨する道理は成り立ちません。
より高級で単価が高い日本製の割り箸を採用してほしいものです。

最も難しいのが中間の価格帯です。
客単価に関わらず、日本製の割り箸の需要を取り戻すには割り箸の有料化でしょう。

割り箸にカネを掛ける社会が、環境負荷の低減と森林の整備・保護を実現できると考えます。

コメントの投稿

非公開コメント

お礼

中川さん
ありがとうございます。
今の現状では設備投資して製造に踏み切れないところです。
(自分の力不足ではありますが)
いずれ、おっしゃるような時代が来ると信じておりますし、確信しているので続けることできます。

Re: お礼

小森さん、『郡上わりばし』のプロジェクトは素晴らしいものだと思っています。
できる限りの協力をしようと思っています。
弊社では『郡上割りばし』以外の割り箸の使用を禁止するとか・・・。
ボクは、行政・郡上市が全量買い上げ学校給食に『郡上わりばし』を採用し、使用後は持って帰らせ再利用、薪ストーブの焚き付け用に…というのがスジだと思います。

中川


> 中川さん
> ありがとうございます。
> 今の現状では設備投資して製造に踏み切れないところです。
> (自分の力不足ではありますが)
> いずれ、おっしゃるような時代が来ると信じておりますし、確信しているので続けることできます。
プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。