スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『金目でしょ』を考える

石原環境相がマスコミのぶら下がり取材に「最後は金目でしょ」と語ったことが大きく報じられました。
マスコミは手柄を取ったかのごとく一斉に報道しましたが、何ら問題の解決には至りません。
結局、釈明会見と発言の撤回でチャンチャン。

マスコミは地元(福島)の反発に対して、交渉段階での金銭的譲歩が生まれるだろうとの趣旨で報じていますが、問題の本質は違うと考えます。
石原伸晃(環境相)の「最後は金目でしょ」の言葉に、原発事故・原発問題が解決に至らない理由が分かったような気がしたのです。
彼の人間性が露わになっただけの話ですし、それを批判することが有意義であるとは思いません。
またヒューマニズムの欠片もない・・・との批判は的外れだとも思うからです。
「最後は金目でしょ」の言葉を裏返せば、『原発ゴロ』の存在を指しているのですから、政治家として二重、三重に思慮が欠けているのです。

『原発』を真剣に解決し、我が国の復興から発展を真剣に取り組まんとする意思が政府にはないのではないかとさえ思われます。
大胆な政策と人心を掌握する政治家がいないことが問題の解決を先送りしているのでしょう。
原発事故で故郷・生活を奪われた国民が日本には存在するのです。
地震国・日本において原発に依存したエネルギー政策を取る以上、福島に限らず日本中で起こる可能性があります。
多くの国民が原発事故に抱える不安に比べれば、経済的保障の問題など些事であると。

経済的保障を担保する財源とエネルギー政策大転換の両立には、『原発』によって汚染された大地の活用しかないと考えます。
生まれ育った故郷に新たな原発の立地を認める人がいるでしょうか。新たな原発立地が不可能である以上、脱原発は必然です。
『原発』についてはエネルギー政策単体で考えるべきことでなく、我が国の発展と国民の幸福を実現するための手段であると考えます。

自分の目で確かめたわけではありませんが、福島県では福島県産の野菜の売れ行きが悪いと聞きます。
福島に暮らす人たちが抱える不安の大きさは計り知れません。
ハッキリと生活に不適格なエリアだと認め、あらゆる生活の保障を経済的にも精神的にも施し移住を促進するしかないと。大雑把ですが、福島第一から半径100キロ以内は居住禁止とし、国有地として買い上げたうえで生活の保証を全面的に行うなど大胆な政策が必要だと考えます。
国有地化したエリアには、核廃棄物の最終処分場と太陽光発電などの自然エネルギーによる発電所を国が設置するのです。
送電網はあるのですから、電力を生み出すエリアとして利用するのには適しているはずです。

国民に納得してもらえるような政策を持って、「生まれ育った故郷、愛着ある土地を捨てよ」と、熱く丁寧に語る政治家が存在するなら、石原伸晃のような人間が政治家として存在することはありません。
『金目でしょ』と簡単に『カネ』の話で幕引きはできません。
『カネ』でしか解決できない無力さを自覚して骨を折る政治家こそが『原発』、『震災復興』を進められるのだと考えます。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。