スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

溜め息

昨日は朝から日本中が溜め息モードにつつまれていたのではないかと。
ワールドカップブラジル大会で日本代表のギリシャとの試合が引き分けに終わったことで決勝トーナメント進出が厳しくなりました。
それ以前に試合内容、結果についての落胆が大きかったのではないかと。
スポーツは斜に構えて見るものだと心得ている(?)私ですら、少なからずガッカリしたのですから。

今大会の日本代表、攻撃的なスタイルのとても良いチームだと思います。
ただ、それが勝てるチームだというのとは別物です。
ワールドカップ・ブラジル大会で上位を目指すなら、別のスタイルのチーム作り、人選があったと思います。
目標を日本オリジナルスタイル構築にしていたなら話は別ですが。
グループリーグの抽選が行われた時から、個人の能力では全く歯が立たないであろうコロンビアとコートジボーアールとの対戦に備えがないことから厳しい結果も予測はしていました。
ところが大会が近付くと「近い将来の優勝は可能か?」、「ベスト4を視野に・・・」などの論調の報道が期待感を煽り、楽観的な思考にウェイトが偏りつつあったものでした。
それがコートジボーアールには惨敗、ギリシャ相手にスコアレスドローで、コロンビア戦を残し、自力での決勝トーナメント進出の可能性が無くなるとは・・・。
日本中が溜め息に包まれるのももっともです。

日本代表のワールドカップでの活躍は、Jリーグでは掘り起こせないサッカーファンの拡大を生み、ファン層を拡大させます。
ところがワールドカップへ4回連続して出場してワールドカップ常連国の仲間入りしたものの、アジア王者止まりの結果では、サッカーへの関心も減退していきます。
開会前、試合前は、チームや選手の好エピソードを紹介し親近感、好感を高めながら好成績を期待させられたものの、現実の結果に落胆させられることが続いてはサッカーファンのボリュームゾーンは離れていくと思われます。
日本代表のワールドカップ出場、活躍が、経済的効果の大きいのですから、本質的強化策と目標設定、今回の検証をサッカー協会だけでなく関連業界、企業、国を巻き込み、しっかりと行ってほしいものです。

コロンビア戦には過剰な期待をすることなく、観戦しようと思っています。
『勝利の無常』、『期待の無常』を受け止めることを、スポーツは教えてくれます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。