スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『河野談話見直し』について

『河野談話見直し』についてです。
あまり意味がないように思います。
というのも『河野談話』が韓国側に媚びて、韓国側の主張を一方的に受け入れたものであるからとの感情レベルが先立つ限りは解決に至らないと考えるからです。

『河野談話』の一番の問題は、韓国側の要求がエスカレートしないように策を講じなかったことだと考えます。
韓国が政治的に『河野談話』を際限なく利用することに楔を打ち、日韓関係の改善と発展のために『河野談話見直し』をするというなら話は別ですが。
過去の事実を変えることはできませんし、歴史認識を一致させることなど不可能です。
ゴールの設定なく『河野談話見直し』をしたとところで、韓国においては過激な反日思想が、日本においては嫌韓が高まるだけです。

日韓両国だけでなく、国際的に妥当性、正当性があると認められる歴史認識を確立することが有効です。
英国、フランス、ドイツなどヨーロッパ諸国は歴史認識を二国間の同意だけで形成できないからから共通認識を形成するにも客観性のある視点がもてるでしょうが、日本・中国・韓国においては不可能です。
『従軍慰安婦』が存在したことは事実ですし、『南京大虐殺』も『大』なのか『中』なのか『小』なのかについての議論はあるにせよ虐殺があったことは事実でしょう。(それが戦争ですから)

歴史認識の正当性を主張し続けることに利益はありませんし、独善です。
国際社会に認められる形で、和解と合意の線引きをして、関係改善と発展のための前向きな議論に注力すべきです。
でなければ交戦する覚悟が必要です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。