スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盗品である

進研ゼミの通信添削にお世話になったから擁護するわけではありません。

通信教育大手のベネッセコーポレーションの大規模な顧客情報漏洩問題についてです。
『漏洩』との言葉を使用する限り、同様の問題が根絶することはないと思うのです。
個人情報保護法の制定以降は、私的な団体などでも名簿の管理に神経を使うようになったものです。
個人情報取扱事業者に至っては厳格なはずです。
しかし厳格であっても盗みまでは管理のしようがないでしょう。
内部であれ、出入り業者であれベネッセコーポレーションの顧客情報を持ち出した行為は『盗み』に違いありません。
ベネッセコーポレーションが漏洩させたという表現は問題を見誤らせるものです。

消費者として我々の側からすれば、個人情報の保護についての意識は高まれども、いまどき個人情報が守られていると考えることは無邪気すぎるというものです。
我々の情報、行動は、簡単に丸裸にされるくらいに考えていて丁度でしょう。

個人情報が商業的には貴重なものであり、売買する価値の高いものであることは明白です。
であるなら、情報の出所を明確にし売買することで、本来守られるべき個人情報の保護が確かになるのだと考えます。
個人情報をビジネスとして流通させる仕組み・ガイドラインを制定することが『盗品である個人情報』の流通を取り締まることにつながります。
カネで解決できる問題です。
個人情報=カネであるなら、個人情報の持ち出しは明らかな横領であり犯罪ですから。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。