スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岐阜の高校野球

毎年この時期になると、私自身が高校球児だったことを知っている人から「岐阜の高校野球」について問われることが多くなります。
母校野球部がオールドファンには人気だということもあるのでしょう。

「やるのは高校生だから、応援してあげてください。もし甲子園に出たら物質的に・・・。」と笑ってごまかしますが、それ以上に突っ込んだ質問をされる方には
「成績や結果は現役の選手によるものですし、指導法・選手起用などは現場の指導者の専権事項ですから我々が関与すべではありませんし、できることではありません。」と。
黙って見守るのが大人のふるまいです。

母校に限らずの話ですが、経営者的リスク管理の面から気になることはあります。
高校野球は学校教育の一環です。とりわけ公立高校においては。
社会の中の学校教育であること、公教育の枠を逸脱することのなきよう学校の方針のもとに公正に運営されることが第一です。
『勝った、負けた』、『投げた、打った』以前に重要なことがあるのです。
民間企業でさえ、儲けりゃ良い時代ではなく、コンプライアンス順守に関してきびしく問われる時代。
父兄やOB、リトル・ボーイズなどとは一線を引き、教育現場の環境を守ることが『李下に冠を正さず』だとの意識を持つことです。
美濃加茂の藤井市長ではありませんが、脇が甘いというか曖昧な線引きが生まれる背景には視野が狭く歪んでいることがあると思われます。

高校野球を観戦にスタンドを訪れると、父兄が観戦者へのお茶を配布していますし、他校の試合の偵察ビデオ撮影までする様子を見ます。
送迎すら遣り過ぎの感がありますが、お茶出し・偵察行為を父兄がグループ編成して当番制で行う学校もあるとのこと。
これらを『みんなが甲子園を目標に取り組むうえで必要な行為』だとするなら、公教育を逸脱していると思います。

ちなみに関東圏では、これらの行為は公立・私学を問わず明確に禁止されているそうです。
権利意識の違いと片付けるなら、公正さがどこにあるかは明白です。

サッカーなどとは異なり野球の場合はプレーが止まるので一球ごとに指示が可能です。
そこで指導者が勘違いをして、自己実現の発露の場に高校野球をしてしまうのではないかと考えます。
高校野球に社会が求める特殊性にも問題があると。
もはや郷土愛を高校野球だけに映す時代ではないでしょうに・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。