スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンビニを巡る妄想

コンビニ嫌いのコンビニ好きです。

できるだけコンビニで買い物をしないように心がけています。
コンビニの商品は定価販売で割高ですし、『肉は肉屋で、魚は魚屋で、本は本屋で』的発想があるので。
が、それでも利用してしまいます。
またコンビニを見て回ることが好きです。
今日的物販のマーケティングが凝縮されたように思われるからです。
パンのコーナーを取ってみても対象とする客層から品ぞろえが違います。
最近この地方でも増えてきたセブンイレブン。
ポーションが小さめでカロリー控えめ、スイーツ感覚のものが多いものの、価格が控えめというわけではないのは、女性やホワイトカラーが対象となる客層だとの意識からでしょう。
またヨーグルトの類も、多品種であるだけでなく他のコンビニはもとよりハイグレードな食品店にありそうな商品まで揃っています。
商品を回転や収益性だけでなく、他の側面からもセレクトしているとわかります。

ところで、東海地方では最も店舗数が多いコンビニであるサークルK・サンクスに売却の話があります。
最近のサークルK・サンクスの陳列や新規開店立地から、セブンイレブンに買収されるような印象を持っています。
東海地方への出店が遅かったセブンイレブンにとっては店舗網を一気に増やすメリットがありますし。
サークルK・サンクスの親会社のユニーの企業情報、株価やIRを見ているうちに、親会社自体が・・・とも。
コンビニを傘下に置く意思のない会社には、ユニーは魅力でもサークルK・サンクスは負荷でしょうし。

コンビニを巡る妄想が親会社に及んでしまいました。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。