スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手摺りも取り付けます

関係は複雑かつシンプル(?)なのですが・・・。
亡き先代・父の高校時代の同級生のAさんと言う方がいました。
父とAさんは高校の柔道部の同級生で、その学年は県内の大会すべての団体戦を優勝したこともあり、卒業後も家族を交えた付き合いが続いたので、父の同級生の方の顔と名前も知っていました。

そのAさんと30年ほど前に隣り同志だったMさんの御宅の階段に手すりを取り付けてきました。
実は私とMさん、同じロータリークラブのメンバーです。
始めから同じ同じロータリークラブの・・・と関係を説明するべきだったかもしれませんが、それ以上の繋がりがあるような気がするのでAさんから説明した次第です。

私がロータリークラブに入会した15年前。
入会したばかりの私に声をかけてきたMさん、
「中川さん、Aを知ってるやろ。アイツとは昔隣に住んでいたこともあり親友だから、ロータリーで困ったことあれば私に相談しなさい。」と言っていただいていたのです。
それ以来、ロータリークラブのメンバーと言うだけでなく、Aさんの親友のMさんと私の頭に刷り込まれたのです。
岐阜は狭い社会です。

先日、ドラッグストアに立ち寄ると見覚えのある顔の御婦人と邂逅したのです。
Mさんの奥さんです。
顔を合わせるなり挨拶もソコソコに
「中川さん、手すり付けてくれない。」と切りだされたのです。
聞けば、数年前からメニエルを患っているMさんが階段を下りる途中に眩暈がして滑り落ちたとのこと。
買い物どころではないと、その場からMさんの御自宅へ現場調査に直行した次第でした。

一目見て分かったのは、手摺りひとつ取り付けるにも、技術的に難易度の高い階段と。
手摺りの部材を発注して、後日伺ったのですが、手すり取り付けに丸一日かかりました。
まず階段の形状が複雑で、昇り口と二階への取り付きの近くの二か所に左への曲りがあります。
また建物が鉄骨造で手摺りの受け金物を取り付けるのに適した場所に壁下地がなく、受け金物のための下地を作り必要がありました。
複雑な形状の階段の手すりを、途切れることなく一本に連結して設置しました。

005_convert_20140726110406.jpg

15年の月日が、『何か困ったことがあれば私に・・・』との言葉の方向を変えたのでしょうか?
いやいや、『住まいに関して』だけでしょう。
どんなことでも声をかけていただける存在でいたいものです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。