スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザックとアギーレから考えたこと

昨日は野球(高校野球)の監督ネタでしたが、今日はサッカーです。
ブラジル・ワールドカップで日本代表は惨敗に終わりましたが、検証もソコソコに後任監督としてメキシコ人のアギーレ氏が就任することが発表されました。
それをとやかく言うつもりもありませんし、その立場にない私が何を述べたところで意味はありません。

ひとつだけ言うなら、先のワールドカップでの惨敗を受けて、ザッケローニ監督、そして彼を選んだプロセスなどについて、徹底的な検証がなかったことには異を唱えたいと。
日本のサッカーマスコミは御用マスコミですから、日本サッカー協会を批判することはないので仕方がないのかもしれませんが・・・。

ヤフー・ニュースの見出しに『アギーレ氏 ザックとは考え、反対』の文字を見つけ、ニンマリとしたものです。
これがアギーレ新監督の側からリリースされたなら、アギーレ氏はプロモーションに長けた強かな人物だと想像できます。
注目集める立場で、後任者として前任者との違いを明らかにすることで、自らの価値・地位・評価を高めようとする仕掛けだからです。
か。
前任者との比較をを利用するプロモーションは、分かりやすく、かつ反論されにくいので後任者にとっては有利に働きます。
アギーレ氏は、少なくとも大らかで明るい性格の持ち主ではないと思われます。
面白いじゃないです

アギーレ氏のセルフ・プロモーションに乗っかることで、マスコミの側も注目集める記事が書け、双方にとってメリットが生まれます。
監督・指導者の資質について、日本代表を率いた成績の良し悪し関係なく、イメージ先行で評価が高まっていくことをマスコミが手助けしているのです。

監督・指導者としての評価とは何を指標とするのかを明確にすることなく監督を選ぶ以上イメージも重要な指標になりえます。
日本代表の監督である以上、ワールドカップ、アジアカップなど国際大会での戦績でしょう。
選手育成などは職務範囲外でしょうし、それ以外のことは雑事に過ぎません。
プロ監督です。

昨日の高校野球の監督とは訳が違います。
高校野球の監督は、社会性を求められますから・・・。

注目を集める監督等言う立場でもいろいろあるのです。
当事者が、それを理解しているかどうかが問題です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。