スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郷土愛・愛国心とカネ

日本人は真面目です。
郷土愛・愛国心がDNAに刷り込まれていて、加齢・成長の過程で醸成されていくのだと。

アルゼンチン・デフォルトの報道について、前回のデフォルトと比べて影響は小さいと予測されているのか、深刻さが当事者のアルゼンチンはじめ報道から伝わってきません。
私の印象では、アルゼンチンでは政府・国についての信用が失墜していて、前回のデフォルト後の富裕層は資産を海外に移しているように思います。
アルゼンチンでは前回のデフォルト後に目覚ましい経済成長がありましたが、富裕層は同時に破たんへの備えをしていたのでしょう。
富裕層に限らずアルゼンチン国民の多くが『想定済み』だったのかもしれません。

それは我々日本人には想像できないことです。
しかし日本が、自分が暮らす地域が、いつまでも自動的に安定した状態であるというのは幻想です。
稼いだ金を、自国の銀行に自国の通貨で置くことが当然ではない時代が来ているのかもしれません。
日本でデフォルトが起こる可能性は少ないと言っても、絶対に起こらないという保証はありません。
デフォルトはなくとも経済の衰退はありますし。
その経済政策を担う立場の人間が、自身の資産を海外に持ち出すような心根の持ち主では、職務への覚悟のほどが知れます。

これは国に限らず地方でも同様。
骨を埋める覚悟とは郷土愛・愛国心であり、骨を埋める覚悟を測るのは精神性ではなく資産などへのアプローチです。
カネ(資産)を見れば、覚悟が分かります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。