スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『お葬式』

伊丹十三の映画ではありません。
友人の父親が亡くなり、葬儀に参列してきました。

高校の野球部で出会った友人。
正しくは一級下の後輩なのですが、今では親しい友人の一人です。
高校生の頃は、厳しい縦社会の野球部でしたから私も大威張りでしたが、齢40も越えれば対等です。

彼が入学して間もない下級生の彼に『罰走』を命じた時のこと。
グランド一周を90秒で走ってきた彼に
「一周90秒で走れるなら3分で何周走れる?」と問うと、
「はい!2周と少しです。」と・・・・。
期待していたものと違う答えに目が点になり次の言葉が見つからず
「とにかく走れ!」と命じたことを覚えています。
私の意図は「『3分で2周走ります。』との答えに『じゃあ20周を30分で走れ』」というものだったのですが・・・・。
後に「2周と少し」の真意を聞くと
「2周って返事すると怒られると思ったから努力分の『少し』って言ったんですよ~。」と。

大きな体の彼も葬儀の場では小さくなっていました。
遺影の写真を見ると様々な思いが去来したのです。
高校生の頃、初めて見かけた面影のまま若く輝く写真の顔に。
今の我々と同じような年齢の時のまま。
高校生の頃憧れた『カッコ良い岐阜の大人』です。

みんな、エネルギッシュで脂ぎっていて明るく笑う姿に憧れたものです。
大学進学で岐阜を離れ別の土地で働いた後も、いつか岐阜でとの思いを私が抱いたのは、憧れの大人の姿があったからでしょう。
改めて遺影に手を合わせました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。