スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優勝予想

高校野球、夏の甲子園大会が始まります。
高校野球は学校教育の一環であると日頃は述べていますが・・・。

最近では、高校野球賭博、トトカルチョの類いはすっかり成りを潜めてしまいました。
小学生の頃、父親が連れて行ってくれた喫茶店で「お前もやってみるか」と勧められるままに・・・。
大らかな時代でした。

明日に高校野球の開幕を控え、組み合わせを見ているうちにプロ野球の開幕前にも順位予想をしたのだからと、高校野球の優勝予想をブログのネタにしようと思い立った次第です。
先日の抽選で決まった1、2回戦を眺めてみると好カード目白押しじゃないですか。
プロ注目の選手がいるチーム同志の対決が、明徳義塾対智弁学園、大分対日本文理(新潟)、東海大相模対盛岡大付属と。

私が優勝の本命に推すのは、沖縄尚学です。
春のセンバツこそベスト8・準々決勝で敗れたものの、去年秋の新チーム結成以来、沖縄・九州では負けなし、秋の明治神宮大会では全国優勝を果たしています。
飛びぬけた選手がいないものの夏の甲子園での優勝を目標に仕上げてきていると思うからです。
明徳義塾、智弁学園、日本文理(新潟)、東海大相模もチームの総合力は高いでしょうが、厳しい組み合わせに消耗も大きいと。

これらのチームと肩を並べるのは、龍谷大平安、大阪桐蔭、九州国際大付(福岡)だと列挙すると、スポーツ新聞と変わらない普通の優勝予想になってしまいます。
沖縄尚学と同じくらい期待しているのは地元愛知の東邦です。
去年の夏の甲子園が終わッた時のこと。高校の野球部で一学年下だった後輩のスポーツ記者が、昨年の新チーム結成後に大阪から東邦高校を見るためにわざわざ訪れました。
その理由が「『東邦の新チームが強い』と甲子園で話題になっていたから」というのです。
注目していましたが、秋の大会はもったいない試合を落とし、春のセンバツへの出場が叶いませんでした。
ですから、この夏の大会への意気込みを期待したいのです。

ということで、昔だったら沖縄尚学の枠と東邦高校の枠から流したいと・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。