スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALCの街・岐阜

名古屋の建築屋で現場監督を経験した後に本庄工業に入社しました。
名古屋でビル(と言っても6階建てまでですが)の仕事を手掛けた時には、岐阜・本庄工業は材木屋をルーツに持つので、同じような規模の仕事は無いだろうと思っていましたが、間違いでした。
本庄工業は材木屋ですが、創業以来お取引のある法人企業様の工場・ビルなどを相当数手がけてきました。

建築現場について名古屋と岐阜と比べた場合、いくつかの相違点があるのは当然です。
職人、作業員の気質や、現場の雰囲気についての違いがあることは予想できます。
また大工や左官などの歴史ある職種の技量についても岐阜の方がレベルが高いだろうということも。
現場のマナーや安全についての意識は、都会の方が優っていましたが。
驚いたのは、ALCの施工レベルの高さです。

ALCとは、軽量発泡コンクリートで主にビルや工場で使われます。
ALCの代名詞でもある『旭化成のへーベル』のALCを説明するページを見てください。
旭化成のページ
名古屋の会社で現場監督をしていた時に、何度か外壁にALCを採用したのですが、なかなか目地がキレイに揃いませんし、ALC版自体の反りやむくりで壁が真っ平らに見えないことがあり、仕上がりに不満を持っていたものです。
ALC業者に言わせると、ALC版自体の精度にばらつきがあるのだから仕方がないと。
ですからALCに良い印象を持っていなかったのです。

ところが岐阜・本庄工業でALCを採用した建物を手掛けると、ALC壁の仕上がりがキレイなのです。
次の現場、別の現場でもALCの仕上がりに不満を持つことはありませんでした。
そこで、『岐阜はALCの施工レベルが高い』と思うに至ったのです。

先日、柳ケ瀬へ店舗改修工事に出向いた時のこと。
ビルが無くなり歯抜けになった土地の駐車場に面して、ALCの壁がいくつも見られます。
ALCの施工レベルが高いのは、ニーズも多く、悪い施工条件の中で磨かれたものかもと考えた次第です。

ALCは優れた外壁材です。
耐火性能も高く、断熱性能もたかいので居住空間の安全性と快適性を担保します。
ただ、防水性はALC自体にはないので塗膜によります。
塗膜は摩耗もしますし、塗膜自体が経年劣化します。
塗膜の防水性能が切れたら水が浸入するのは道理です。

かつて住み心地が良い街、豊かな街と言われた岐阜市は、ALCの外壁に包まれた街のようだと思うに至ったのです。
柳ケ瀬のALCの壁を見ながら、様々な思いが駆け巡ったのでした。



002_convert_20140827174252.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。