スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳ケ瀬

昨日、柳ヶ瀬の話題に触れたので今日も懲りもせず別の視点から柳ケ瀬について。

柳ヶ瀬は岐阜の人間にとってノスタルジーをかきたてる特別な場所です。
今、柳ケ瀬の一部では既存のアーケードの架け替えや撤去が進んでいます。
アーケードが取り外されとところには明るい陽射しが降り注ぐ商店街となっていますが、往年のような人出はありません。柳ケ瀬に限ったことでなく、アーケードを撤去する商店街が全国的に進んでいるようです。
また中小市街地の商店街の再生には、自治体が支援に本腰をいれて乗り出すのも全国的なことと。

郊外に集客力がある巨大なショッピングモールができて、そちらに客がとられ中心市街地の商店街が衰退したと言われます。
買い物に限らず消費者の指向は多様化しているのですから、人が集まるところが分散するのも当然です。

消費者の動向や商店街がニーズに合わせて変容できなかったことに問題があるのでなく、実は日本社会の変容を映し出しているのだと考えます。
商店街という『仕組み』の問題ばかりに焦点が当てられますが、中小市街地の商店街が衰退した理由の一つには、『人』の問題があると。
商店街とは小規模な商店の集合体であり、商店は経営者に依存した属人性の高いビジネスです。
衰退ビジネス、斜陽産業では、経営者本人の問題から後継者問題に至るまで、『人』の問題こそ解決が困難なように思われます。

中小市街地の商店街の再生は、商店街のみに手を入れることで解決することなく、街全体の活力を高めることが商店街へ波及するのだと考えます。
柳ヶ瀬だけが再生することなく、岐阜が良くなれば柳ヶ瀬再生も付いて来るというものです。
買い物、飲食、歓楽などの機能を中小市街地の商店街一つで持とうとする柳ケ瀬商店街を再生させるには、来訪者の母数を無理やりにでも引き上げる策を打ち出せば、自然と再興はついてくると。
起爆剤となる策があるとするなら、柳ケ瀬の中に市役所を持ってくることです。
無茶な意見とは承知しています。
しかし、毎日多くの人を集める施設と言えば『市役所』しかないでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。