スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空飛ぶ、ハリーさん

「木造では大空間を建設できないから…」との理由で、体育館などの建築の際には鉄骨造や鉄筋コンクリート造が採用されることが多いようです。
工法を工夫すれば木造でも大空間を建築することが可能ですが、設計者に高い能力が必要であったり、コストが過大になる傾向があるのが現実です。
それでも平成22年10月に「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」が制定されてからは、低層の公共建築物の木造化が進んでいます。
木造で大空間を実現する場合には、大断面集成材を用いられることが多いのですが、大断面集成材を生産できる工場は限られています。

その流れを受けて、岐阜県木材組合連合会が開発したのが『柱いらず ハリーさん』なる木造平行弦トラス。
最大12メートルの無柱空間を実現します。
一般的な製品として流通している4寸角・12センチ角の桧を組み合わせて作ります。
先日、その『柱いらず ハリーさん』にトライしてみたのです。

物件は太陽光パネルの木製架台。
12メートルのスパンを飛ばす必要はなかったのですが、6メートルのスパンにかかる荷重が大きいことで『柱いらず ハリーさん』を採用したのです。
想定以上に組み立てるのに手間がかかりましたが、実際に手がけてみて分かることがあります。
それ以上に、この木造平行弦トラス・『柱いらず ハリーさん』の可能性を実感した次第です。
同時に、このような部材を岐阜県木材組合連合会が開発したことの価値を深く感じたのです。

『ぎふは木の国、山の国』ならではの、山側が建築をリードする取り組みだと思います。

006_convert_20140903170749.jpg
017_convert_20140903170829.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。