スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

権利 その1

岐阜にも縁がある錦織圭。
残念ながら今日の決勝では敗れたものの、テニスの4大大会・全米オープンでの快進撃は見事だったと思います。

人気商売の住宅屋ならば「準優勝も素晴らしい!」程度に留めておけばよいのでしょうが・・・。
私が注目していたのは、この歴史的快挙の試合がテレビの地上波で放映されなかったことです。
『権利映像』についての認識を日本中に広める機会になったと。
今後、テニスののグランドスラムの放映権を取得に動く地上波テレビ局はあるのか注目します。

テレビの地上波は『有料放送』のNHKは放送法で守られていますし、民間放送局は番組スポンサーの広告料負担による『無料放送』を垂れ流しています。
また視聴者の側も視聴についての認識はタダが当たり前というものでしょう。
今回の錦織の活躍で、急遽録画中継したものの当初は中継の予定がなかったNHKに抗議が相次いだそうです。
「なんのために受信料を払っていると思っているんだ。」などと。
テニスについてWOWOWが力を入れ放映権を抑えることができたのも有料放送だからです。
NHKはサッカーのワールドカップについては力を入れることができても、テニスなるコンテンツは試合時間が読めない上に錦織の活躍が無ければ注目・関心が低かったであろうテニスに手を出すのは難しいでしょう。

多様化する視聴者の指向すべてを叶えることが困難であるのは当然と考えることに正当性がありますが、日本人選手として初めてテニスのグランドスラム・決勝に至った錦織圭をNHKが生放送しないことを糾弾する意見が出てくるのが日本の視聴者の現状です。
日本人のテレビの視聴習慣における『権利』意識は、天から降ってくるのが当たり前との認識が存在するようです。
しかし自立した視聴者の増加は、NHKの存在意義・存在価値を揺るがすことになるものだと思うのです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。