スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソニーと『ココストア』

ソニーが2300億円の最終赤字をだし初の無配に転じたというニュースに、「栄枯盛衰」の言葉と、コンビニの『ココストア』を重ねて思い出しました。

名古屋の建築会社に就職してすぐの頃、会社の近くにあったコンビニの『ココストア』をよく利用したものです。
会社の先輩が「『ココストア』は日本で最初のコンビニだよ。」教えてくれたのですが、モノの本や全国的には『セブンイレブン』が日本初のコンビニとされています。
しかし名古屋の人の多くは『ココストア』に正当性があると信じているようでした。
理由を尋ねると、テレビの情報番組で紹介されたことがあるとのこと。
今から20年ほど前のことです。

ところが最近はめっきり『ココストア』を目にすることもなくなりました。
ただ私の行動範囲の中には、まだまだあるのです。
店内調理の弁当・惣菜類と焼きたてのパンをもって、他のコンビニとの差別化を図り、それなりに固定客、根強いファンをもっているようです。斯くいう私も、その一人です。

また名古屋の会社の先輩に教えられたことは、「『ココストア』はソニーグループみたいなもの。」と。
これについては正確には、ソニーの創業者盛田昭夫の実家が経営するのだと別の人が教えてくれました。
今日ではコンビニでアルコール飲料が販売されることは珍しくありませんが、『ココストア』は酒店からコンビニに転じた店舗が多く、20年前からビールなどのアルコール飲料を販売していました。
業態のありようが、どんどん変わっていくのは物販の定め。

一ファンの意見ですが、『ココストア』は幹線道路に面して大型車両が駐車できるスペースを持つイメージが強いのですが、街中へ回帰してはどうかと思います。
オフィス街とかでなく、古くからの住宅街です。
質量ともにコンビニ以上スーパー未満を求める高齢者向けのコンビニとしての業態で。
東海地方のコンビニの雄として、大手コンビニチェーンの攻勢をいなして生き残ってほしいものです。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。