スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スコットランド

旬のネタと言えば『スコットランド』でしょう。
英王室とスコットランドとの歴史的確執や直接民主主義の可能性をなどと真面目な話ではありません。

似非バックパッカーとしてヨーロッパを彷徨した大学生時代。
英国には足を踏み入れることはありませんでした。
ドーバー海峡を超えるどころか、フランではパリより北へは行っていないのです。
生来、寒いことが苦手で貧乏旅行がゆえ、万一野宿することになった場合の寒さに耐える覚悟がなかったからです。

しかし今回のスコットランド・独立住民投票をめぐるテレビのニュースを見ていて、何よりも興味を持ったのは街並みと風景の美しさでした。
不真面目でゴメンナサイ。
エジンバラやグラスゴーの美しい街並み。歴史ある街並みに現代的な人々の生活が根着いていることに感銘を受けたのです。
そこで直接民主主義的手法で、国家独立の是非を問う選挙活動が行われ、日本では考えられないほど高い投票率からは、住民の意識の高さポジティブな思考が伝わってきます。
私だけでなく、世界中の多くの人たちがスコットランドについて勝手に好感度をアップしたのではないかと思われます。

実は、この住民投票。
キャメロン首相は独立支持の割合が低いだろうと高をくくっていたところ、独立派優位の事前調査が出てきて、俄かに情勢が緊迫したところで、最後は空手形的口約束を並べて、ようやっとのことで独立反対・過半数に持ち込むことに成功したものです。
当初は、『自治拡大』の選択肢も入れた三択だった案を、キャメロン首相が『独立』か『独立反対の現状維持』の二択で住民投票を認めたこともあり、結果は『独立反対 自治拡大』に近い内容になったというものです。
代議制民主主義のもとで、直接民主主義を導入することが導きたい結論・総論の実現ために反対の各論を容認するようなことになる矛盾を明らかにしたと考えます。
直接民主主義の可能性と幻想が露呈したとも・・・。

遠い異国のことですから、現実味があるのは画像で伝わるスコットランドの美しい風景と街並み、そしてポジティブな国民性。
季節は夏に限定しますが、スコットランドを訪問してみたいものです。
私ですら、憧れるのですから、今回の住民投票はスコットランドにとってプラスの、それもかなりのプラスだったと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。