スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

設計士さんと仕事をする

先週、ある設計士さんから電話がありました。
「中川さん、お久しぶり・・・」から始まり、世間話を一遍。
「ところで本庄工業さんは自社設計の物件しかやらない。設計士の仕事はしないと聞いているが、その通りか?」と問われたのです。

そこで私は
「設計士の物件を施工しないわけではありません。お互いに対等の立場で良い仕事を共に作り上げようとする方で、仕事に対する価値観を共有できる設計士さんとは、こちらからすすんで仕事をさせていただきたいくらいに考えています。」
と答えたのです。
すると
「じゃあ、私なんかは相手にしてもらえるのかな。」と言われるので
「もちろんです。仕事で御一緒したことはありませんが、Yさんの人間性は充分、存じ上げていますから。」
「今、打ち合わせしている物件を施工してもらう建設会社は、本庄工業のイメージなので・・・。」
と話が展開したのです。
ありがたい言葉をいただきました。
ですが、これはレアなケースで、弊社の場合なかなか設計士の方と相性が合うことは少ないのです。

弊社には弊社の言い分がありますし、設計士には設計士さんの言い分があるでしょうから。
弊社の考えは、お互いリスペクトできる関係であることが基本です。
対等な関係として仕事に取組み、良い成果を上げることが目的です。
良い成果とは、顧客満足・地域貢献・高収益であることです。
過大である必要はありません。関係するすべての人々が受益者としてメリットを享受することです。

「ところで中川さん、ボクの設計に心配はないの?」と前述のYさん。
「人間ですから、勘違いや間違いもあるかもしれません。が、その対応も含めて、共に取り組むことが一緒に仕事をすることだと考えていますから。ウチが施工上のミスや失敗したりした時もよろしくお願いします。」と。
明るく笑われたYさんの顔に安心しました。

我々の業界では、請負契約は請け負け(うけまけ)契約とも言われます。
仕事ですから、自らの価値観のために誰かを泣かせて成立させてはいけないと考えます。
お客さんの満足・利益の最大化と、関係者の利益の確保なしには・・・。
自分が身銭を切ることもダメです。
それを理解した上で、良いモノ・プロジェクトの実現に取り組んでいきたいものです。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。