スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『材木屋に生まれて』

映画『7月4日に生まれて』のようなタイトルだと、何かトラウマがあるのではないかと、思われるかもしれませんが。

今時、起業して材木屋を始める人間などいないでしょう。
それほどの斜陽産業です。
中には商社的な材木屋を始める人はいるかもしれませんが、それは材木屋ではないと考えます。
材木屋と言うからには、丸い原木が在庫として会社にあること。製材機があること。
私なりの基準はもう一つ。昼食は持参の弁当か給食弁当であることです。
製材工場の近くに食堂がある光景が想像できないからです。

幼いころから木に囲まれて育ちましたから木への愛着は人一倍あると思います。
残念ながら木材の需要が低迷していることもあり、木材産業も山も・・・。
ですから木材、木材産業の地位を向上させたいとの気持ちを強く持っています。
木材産業の価値とは何ぞや?
この問いについての明解な答えでもある『ヨーロッパでは木材産業は環境産業であると認識されている』文章に出会ったのは10年以上前のことです。
それ以来、木材と環境について意識して取り組んでいます。
木材産業が栄えることが、循環型エコマテリアル・再生可能資源である木材の根幹であると認識されているから、ヨーロッパ、とりわけドイツでは木材を積極的に利用する社会構造が成立しているのでしょう。

「木が好きだから」、「木が好きな人に」・・・だけでは木材利用の拡大は進みません。
環境問題を考えるようになり、より科学的論拠をもって木材の価値を語ることが重要だと考えるようになったものです。
というのも、環境問題に取り組む人の中には独善的、狂信的な人もいて、それではパイを狭めてしまうように思ったからです。

材木屋として、高収益な体質のモデルを作ることが私の務めだと考えています。
理念なき経営、収益亡き経営は戯言です。
私の後に続く若い世代が職業として木材を扱うことに魅力を感じるようにすることも務めです。
木材産業が斜陽産業であるなら、西から太陽を昇らせるくらいの意気込みでいます。
『木の国、山の国』である岐阜で、木材産業のレコンキスタを実現することは郷土・岐阜にも大きな貢献ができるものですから。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。