スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学病院跡地

先週、岐阜市役所に行く用事があり見てきました。
大学病院跡地の利用についての関心はもちろん、建築的興味があったことで、年初から「行かなくちゃ」と思いながらも、このためだけに市役所に行くだけ時間の余裕がなく、念願の訪問。

大学病院跡地についての、あるべき利用方法はさておき、公開プレゼンを見ての感想です。

最終候補に残った3者以外に著名な9者を加えた12のプレゼンボードが岐阜市役所一階ロビーに展示され、多くの人を集めていることに驚きました。
業界関係者らしき人、一般市民、建築専攻の学生らしき若者・・・。
建築専攻の学生らしき若者は熱心にメモを取り・・・。中途半端な絵の展示会よりも賑わいを作り出している。市役所のロビーで展示するにはもったいない内容です。

世界の安藤忠雄はじめ日本を代表する建築家の生のプレゼンに触れる機会など、そうそうありません。
建築家は芸術家でありプロデューサーだと再認識。
それにしてもこれだけの顔ぶれが出揃うとは、日本中・世界中に案件が乏しい証拠だとも感じたのです。

『エコプロダクツ大賞』に応募することが常態化している私のプレゼン裏読み的な嗅覚からすると、「既にプロジェクトは動き出している。それもかなり・・・。」と設計者選定は済んでいる。
なぜなら最終選考に残った一つのプレゼンだけが異質だからです。
他の応募(最終選考進出以外も含む)との差異が、内容でなく段階・ステップの点で明らかに違うと感じたのです。また、最終選考に進む3者のプロフィールが非常にバランスが取れていて、文句が付けようがない。

最終選考は公開プレゼンテーションの形式で2月6日に行われます。
じゅうろくプラザで午後1時から始まり、3者の公開プレゼンテーションが3時30分に終了。一時間の審査をもって4時30分に結果発表のスケジュールにも疑念が・・・。

これだけのスケール・内容のプロジェクトの設計を任せる者を決めるのに、3者からとはいえ審査時間がたった一時間で可能なのか?充分なのか?また結果発表につきものの講評まで時間内に作成できるのか?
事前に決定していないと、そのスケジュールで消化するのは厳しいはず。

最終選考前には、私の見立てと市役所に掲示してある3者のプレゼンについて、このブログで書きます。
決して、『八卦見』ではありません。



DSC01912_convert_20110125150714.jpg






DSC01914_convert_20110125150818.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。