スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法と道徳

今朝から『力士「八百長」メール』の報道が激しいので・・・。

ビックリしました。
多かれ少なかれ「八百長」はあるだろうと思っていましたから、「八百長」メールの存在に驚いたのではありません。
警視庁が野球賭博の強制捜査の過程で押収した携帯電話のデータから、勝ち星の売買が日常的に行われていたことが判明し文部科学省に伝えたと。
力士の「八百長」を取り締まる法律は何だろうか?
ないはずです。
別の捜査で知りえた刑事事件として立件できない情報を第三者(文部科学省)に通報することの違法性の問題にマスコミが鈍感なことに驚いたのです。
「八百長」は悪いことだとしても犯罪ではありません。
『悪いことするのは悪いことだ。』的思考がマスコミにはあり、感覚が麻痺しているのでは?

『昭和の大横綱』が、実家に資金力のある夫人の出身地・福岡での九州場所では、いつも優勝していたことについては、マスコミが華麗なスルー(言及しない事)を決め込んできたのはセーフティゾーンでのみの表現者=広報担当であることの証です。
今後、日本相撲協会が「八百長」問題を『大相撲の根幹を揺るがす大問題』と位置づけるなら、過去に遡り『オオナタ』を振るわなければトカゲののしっぽ切りに終わります。
それとも、スポーツでなく興行だと開き直るかでしょう。

私は大相撲は興行であり、プロレスと等価だと考えます。虚構と現実、真剣勝負と脚色が入り交ざった舞台が土俵であって何が悪いのか。嘘でも何でもワクワクさせてくれれば充分です。

それよりも別件逮捕と同じくらい、今回の情報漏洩・伝達は法治国家の根幹を揺るがす行為であることの方が大問題だと考えます。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。