スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マムシの道三

今日も『岐阜大学病院跡地利用』について、しつこく書きます。

岐阜大学病院跡地の第一期整備として図書館、第二期には隣接地を行政施設(市役所)を建設するプロジェクトには反対です。
岐阜市において中心市街地の活性化は「市の存亡をかけた課題」です。岐阜市中心部で岐阜大学病院跡地のようにまとまった土地は出てきません。この土地の活用いかんが岐阜市の将来を左右することは間違いない。
「図書館」・「市役所」・「公園」を作ると言って、反対されることは少ないでしょう。しかし、それでは中心市街地の活性化は生まれません。こと、ここに至る経緯を見ていると慎重にプロジェクトは運ばれているようです。
パブリックコメントの募集もありました。そんなものは形式民主主義の象徴です。穏便に進めたいのです。その表われが公開プレゼンテーションの会場を岐阜大学病院跡地に近い『坂倉準三の岐阜市民会館』でなく、『十六プラザ』を選定したことにあります。
『坂倉準三の岐阜市民会館』の保存運動でも起こったら、プロジェクトに支障が出ます。また、岐阜大学病院跡地の現地を多くの建築業界人や学生が訪れ、隣接する『岐阜総合庁舎 』が多くの人の目に触れて(実際にはドラマ・映画のロケで多く利用され知らない間に見ていたりしている)保存運動でも起ころうものなら、より厄介だからです。
いずれにせよ、「図書館」・「市役所」・「公園」有りきなのですから。

「図書館」・「市役所」・「公園」が岐阜大学病院跡地に相応しいという説明がありません。
まず、図書館。岐阜市内には県立の立派な図書館があります。また長良校区に北部図書館を・・・という話も聞きます。多くの機能を備えた巨大な図書館が、この場所に必要性なのかは疑わしい。
県と市(基礎自治体)が同じ機能を集約させるのが今日的な流れであることから考えれば、この場所に「図書館」は不要でしょう。
「市役所」は現在の市役所の駐車場に建設すれば充分です。
「公園」は、誰が利用するというのか?現在のプランでは「図書館」・「市役所」来場者以外の利用者は見込めません。「公園」利用を主目的とした来場者が増えれば、駐車場はパンクします。
それでも「図書館」・「市役所」・「公園」にこだわるのは、何らかの意図があるのではないかと疑いの目が向けられるのは当然でしょう。
先の市長選挙で支援を受けた業者の「図書館」管理システムが採用され、「公園」の指定管理者は・・・と噂されています。

現在、岐阜市には産業がありません。
岐阜市は『繊維』を核とした街でした。繊維産業、繊維商店が労働力として全国・地方から人を集め、街の輪が大きくなってきたのです。
国鉄がJRになるや、岐阜から名古屋へのアクセスが格段によくなり、仕事も消費も名古屋へ流出。
岐阜市郊外の、かつては岐阜の基幹産業『繊維』の象徴たる紡績工場は巨大なショッピングモールに・・・。
その間、行政は都市計画も中途半端なベッドタウン程度の策のみ。時代の変化にも鈍感に・・・。
今や(2008年)、岐阜市の工業出荷額は県内8位です。

岐阜大学病院跡地を『岐阜の産業ルネッサンス』とすることなくして岐阜市の復興はありません。

岐阜大学病院跡地については『マムシの道三』よろしく、しつこく意見し続けます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。