スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しょっぱい大学受験 

大学受験シーズンです。
遡ること30年近く前のことです。東京の大学生活を夢見て、いくつもの大学学部を受験しました。
学部学科に関係なく、東京の大学であることが最優先でした。
結果として京都の大学に進んだ経緯は追って・・・・。

青山学院大学を受験したときです。当時2年生までは厚木キャンパスに移転していたにも関わらず、受験会場は『大都会・港区青山の青山キャンパス』。
たぶん私は舞い上がっていたのだと思います。

試験終了後、門の外には在京の中小予備校の案内パンフレットや不動産屋のチラシを配る人があふれ・・・。人の波が途切れたあたりで、「川島なお美」か「ファラフォーセット」のようなレイヤードの女子大生(?)と目が合い、運命の出会いならばドラマのようでカッコよいのですが・・・、キャッチされました。
「○○○ってサークルなんだけど、合否の電報どう?合格してたらサークルの勧誘もしちゃうけど・・・。」
赤ら顔の田舎の少年はふたつ返事で「お願いします。」と・・・。
電報代は3000円でした。

合格したなら大学から手続きの書類が送られてくることも知っていました。
けれども「ファラフォーセット」との接点を作りたかったのです。

冷静に考えれば、合否電報を頼む必要などありません。彼女のサークルが実在することも彼女が青山学院の学生であることも定かではありません。
今日に至るまで、彼女のサークルからの電報も青山学院大学からの手続き書類も送られてきません。
田舎から出てきて、初めて都会の雰囲気を知るよい経験を3000円の授業料でさせてもらいました。

最近では合格発表もインターネットで番号が発表されるそうです。
しょっぱい大学受験の経験が良い思い出になることもないでしょう。 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。