スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラソン大会中止

マラソン大会中止がニュースになる時代。

主催者には震災が発生する以前から「できればやりたくない」気持ちがあったのでしょう。
広告収入が見込めないにもかかわらず地域に定着していることで、開催を続けざるをえないイベントがあります。取り止める格好の口実に・・・。
やろうと思えば開催できたイベントを取り止めるのは、開催への強い意志がなかったからだと考えられます。

『マラソン大会中止。参加料は義捐金に・・・。』の通知に参加申込者から苦情が出るのは、主催者の消極的な対応に原因があるのでしょう。

被災者への配慮が真の理由ならば、主催者は参加申し込み料から経費などを義捐金に廻す程度の取り組みでなく「マラソン大会」は中止にするだけの意義のある支援活動を行わないと理解を得られない。黙らせられないと思います。

記事によると、3月13日の藤枝市は震災直後のことで『中止・返金なし』という対応であっても理解されやすいが、それ以降のイベント開催の是非判断は主催者の意識が表れているように思います。

岐阜のマラソンって、どうだったんだろう?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。