スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五月雨は緑色

『五月雨を集めて早し最上川』と詠ったのは松尾芭蕉。
『五月雨は緑色、悲しくさせたよ一人の午後は』と唄ったのは村下孝蔵。

五月雨は旧暦の五月を指すので、正確には現在の六月の梅雨の時期の雨のことなのでしょうが・・・。
先週は雨が続きました。その間に山に行くことがあり、雨に洗われる山の木々を見ているうちに頭に浮かんだのが村下孝蔵。

若い葉っぱの新緑から零れ落ちる水滴は緑色に染まっているようで・・・。
この季節の雨の日には切ない気持ちになることはあっても憂鬱な気分になることがない。
緑色には不思議な作用があるのかもしれないと思います。
新緑の芽吹きを感じさせるからでしょう。
金華山が萌えるように輝く季節が始まるぞ!とワクワクしたとおり。
雨が上がった今週。金華山が輝き始めました。
金華山は、これから一雨ごとにコントラストが鮮やかになり、夏が近づくと濃く深い緑色に変わっていく緑色が美しい春から夏にかけてです。

思春期まで金華山の美しさには無自覚でした。
岐阜を離れて初めて金華山の、岐阜の街の美しさを知りました。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。