スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねじれ

『すべてのアサガオは上から見ると時計回りに回転し、成長している。木材にも同様の規則性があり、それによって製材後の反り・ねじれが生じるのではないか・・・、』という仮説意見をいただきました。
これを解析することで木材加工の発展につながるかもしれません。
しかしながら木材については、もっともらしい古くからの間違った言い伝えがあまりに多い。有名なところでは切り株の年輪を見れば東西南北がわかると言う話です。これはウソです。日当りが良い方向に枝が張り出すことはあっても、日当りのよい方向の幹だけが成長することはありません。よって、木が立っていたときの東西南北の向きに合わせ、柱を見極めて建築時に柱を建てるということも不可能です。
願望に基づくスピリチュアルな付加価値をつけることは、心霊商法に等しく間違っています。科学的に証明できることを俎上にあげるべきです。

今日のタイトルの『ねじれ』は政治。ねじれ国会のどこが悪いのか?果てさて悪いことだけだろうか?ねじれの原因はどこにあるのか?問題を整理することなくヒステリックに騒ぐマスコミのあり方は・・・?
衆議院と参議院、首長と議会、岐阜では議会会派のねじれが見られます。政治は議論の場です。多いにねじれて結構ではないのか?『ねじれ』があればこそ、徹底的な議論と是々非々の判断ができる状況なのではないか。
議論は科学です。科学的解析が木材加工の発展に寄与する事と同様、徹底的な議論と是々非々の判断が社会の発展を生み出すと考えたい。

政党・政治家には、ウケ狙いの迎合的政策を前面にだすのではなく、理念の追求の姿勢が問われる時代の到来が間近であると思います。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

問題はその議論ができない政治風土にあるように思います。
水と油が議論しても・・・所詮は交わりません。残念ですが日本の政治風土は、議論の相手を敬う姿勢がありません。だから平行線のままです。国会での「ねじれ」は民主主義が尊重されての議論にはなりません。 当面は重要法案先送りの・・・当たり障りのない・・・プライオリティ政治になります。国民がねじれを選んだのですから・・・困るのは国民ですが。                 KGB

No title

愚か者には『罪と罰』が相応しいのでしょう。
「『罪と罰』の間で苦悩するのもよし。」と悠長に構えていられる時代ではないはずですが・・・。
プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。