スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑い夏

予定外に現場を担当することになり猛暑の中での現場仕事をしています。土木系の現場ですから、顔は日焼けで黒くなりました。

今年の夏は暑かった。いや、まだ暑い。
そんな中、9月5日の日経新聞の記事に猛暑と住宅・生活に関係した興味深い記事を見つけました。
スズメバチやネズミ、シロアリなど人体や家屋に影響を及ぼす恐れのある有害生物が猛暑の影響で今年は秋以降も活動が活発になり被害の広がる可能性があるという記事です。
有害生物の発生・被害に遭いやすい時期が以前よりも長くなってきているとのことです。被害に遭わない予防策・被害に遭った時の対処法が細かに説明されています。
駆除については専門業者に頼むのが賢明と結び、自治体の補助金制度などにも説明がありますが、補助金制度がある自治体はまだまだ少ないようです。

弊社でも有害生物の駆除についてのご相談を受ける機会が増えました。考えられる理由は、「有害生物の活動領域が広がり生活圏と重なるようになった。」、「核家族化が進み駆除方法の世代間の伝承がなくなった。」など様々考えられます。
ちょっと昔なら天井裏にスズメバチの巣ができていると縁起がイイと生け捕りにしたものです。しかし、今日はそんな呑気な事も言っていられません。日常生活が忙しなくなったからでしょうか?有害生物の駆除等についても弊社にお問い合わせください。対応させていただきます。費用はいただきますが『そんなことまで』対応します。『住まいのベストパートナー』ですから・・・。フリーダイアル 0120-71-6527 まで、お気軽にコールしてください。

記事の中にもありますが、ハチの巣などは本格的に巣が大きくなる前に対処するのが良いということです。普段からご自宅の観察をしっかりとされることをお勧めします。メンテナンスについて『メンテナンスフリーの住宅はない。』のと同様です。

それにしても有害生物の発生・被害は『暑い夏』の副産物といえるかもしれません。
温暖化防止に繋がる生活を心がけることが『暑い夏』の解消になるのではないでしょうか。

DSC01437_convert_20100907220039.jpg


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。