スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『トンズラ番長』と呼ばれて

『トンズラ番長』とは、前原誠司のことです。私が命名しました。
ネット上では『口先番長』とも『面従腹背のナルシスト』などなど言われていますが・

民主党代表選に立候補を前原誠司が表明した時に本命登場とマスコミは持ち上げましたが、現在の旗色は悪い。
小沢一郎が海江田支持を表明したことで、小沢グループを取り込む多数派工作の失敗が明らかになったことよりも反小沢票が集まらないことの方が問題でしょう。
自分が立候補すれば、野田氏が協力して下りるものだと勘違いしていたあたりは人身掌握術に欠けることの表れです。また、仙石・前原グループが菅下ろしに動いたことで、菅・江田は前原支援には回ることはない。
それに加えて野田の梯子を外したのですから近親憎悪に近いのでは。

今日、前原誠司は外国人献金問題について記者会見を開きましたが、新たな事実を自ら公表したり、今さら釈明するよりも、私が『トンズラ番長』こと前原誠司なら、もう少し気の利いた行動を取ります。

まず反小沢グループを結集するのでなく、代表戦をガラガラポンして小沢一郎に直接働きかけます。
党員資格停止状態にあっても、小沢一郎の存在なくして民主党は立ち行かないのが現状。前原自身も支持を頼ったのですから・・・。

この代表選挙で明らかになったことは、小沢一郎を上回る存在がないということです。
『小沢先生、あなたが代表に首相になってください。』と訴えるのです。『現状の代表選挙に意味はない。』と、『傀儡擁立でなく小沢先生自身の力で国を動かしてください。』と。
小沢一郎が首相となること、実権をにぎることを恐れて、ネガティブキャンペーを張ってきた戦術の逆張りです。それで問題山積みの我が国の現状が好転するなら進言した前原自身の株も上がるし、小沢一郎が退いたり失敗しても前原には痛手はないはず。

前原にとっての『脱・小沢』には、相手に手番を預けるしかないでしょう。
これは意味のある『トンズラ』です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。