スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーサイドの向こうに

「傀儡だろうが何だろうが、国民の命を守る内需拡大をやりたかった。」という海江田万里のコメントを目にして目が覚めました。

実は先の民主党代表戦。
人選びに焦点が当てられましたが政策の違いが顕著にあったのではないか。
それを優先させて考えるべきではなかったのか。

野田首相の『ノーサイド』発言を手放しに許容していたのではないかと・・・。
誰のための党内融和なのか。何のための党内融和なのか。
議席と政権を維持するための党内融和のために『ノーサイド』を呼びかけたのではないだろうか。
復興増税へ民主、自民両党足並みをそろえて進んでいく指揮を執っているのは財務官僚ではないのか。
国民不在の『ノーサイド』茶番劇に終わらぬよう注視します。
『どじょう宰相』は善人でなどという心情・心証による主観的な部分を排除して考えるべきでした。反省しています。

何れにせよ、マニュフェスト重視でなく三党合意を優先する野田首相の姿勢は、民主党の終わりの始まり=翼賛体制の始まりだと考えられます。
ノーサイドの向こうには気配り人事で目くらまし、そして着々と増税路線があり、民主党と自民党の境界もあいまいに・・・。
大義の下だろうが何だろうが、政治的一元化は翼賛体制に他ならない。

民主党に限らず自民党も一枚岩ではありません。
大連立に乗れない者が両党には存在するので、超党派での政界再編が起こる可能性があります。
それは政界の中のコップの争いでなく、実は主義主張・政策論の戦いであると考えます。
マスコミが矮小に報道し、国民が冷めてしまうことを心配します。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。