スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謀略の存在

民主党には政権与党であることのプレッシャーに無自覚な議員が多いのだと思います。

鉢呂経産相の『失言』、それに応じて民主党内から辞任論がでることが民主党の軽さ・底の浅さの象徴です。
まず、『失言』についてですが、果たして『失言』でしょうか。鉢呂経産相は将来的な原発廃止論者。福島原発周辺地域を視察した感想で『死の町』と表現して、放射能・原発事故の恐ろしさを訴えることは当然でしょう。
それを『死の町』という言葉だけを切り取って批判するメディアが間違っている。冷静に、客観的に見れば、福島第一原発周辺が『死の町』になっていることは事実なのですから。
原発被災者が可哀想だから?可哀想な状態にしたのは誰なのか?その原因を作り出してきたのは誰なのかを追及せずしての鉢呂経産相の『失言』批判は言葉狩りに過ぎない。
しかし鉢呂経産相の対応にも問題があります。それを発言撤回などするから余計に批判に拍車が掛かると言うものです。

批判マスコミの餌食になることへの警戒心がない閣僚の言動、誤解を丁寧に解くことなく前言を翻すことは軽さ・底の浅さの表れであり、問題があるとは思いますが・・・。
この鉢呂経産相の『失言』騒動はマスコミの情報操作で国民感情が支配されていることを示しています。
鉢呂経産相の『死の町』発言よりも前原誠司の方が重大で問題がある発言をしていてもお構いなしで、揚げ足取りに奔走するマスコミには何らかの意図が働いているのでしょう。

結局のところ、鉢呂経産相は早々に辞任に追い込まれるでしょう。
経産省が推し進めたい『原発』と『TPP』に慎重・反対の立場をとる鉢呂経産相。周りは敵ばかりなのだから、ことさら慎重に発言すべきでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。