スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラフト会議

今日は17時からドラフト会議が開催されています。
自分が指名されることなどないのですがワクワクしています。

大学入学後は、現役プレイヤーとしてではなく観戦者として多くの野球の試合を観たものです。
プロ野球・社会人野球・大学野球・高校野球と競技指向のあらゆるジャンルの野球を・・・。
その中でもプロ野球は、選ばれし者の世界。

確かにワクワク感はあるものの、昔ほどではありません。
あっと驚く『隠し玉』とか、『密約』を現在の制度は排除しています。
高校・大学生は予め『プロ志望届け』を提出した選手しか指名できず、進学表明している選手を強行指名してから口説いて契約に持ち込むこともありません。
社会全体が優等生になってしまったのでしょう。

私が大学三年生の時のことです。
ドラフト当日に駅のスタンドで買い求めたスポーツニッポンの一面に『西武 隠し玉 ONOフーズ・森山(北九州大中退)』との見出しが。
あの時ほどスカウティングがドラマティックに思え、衝撃を受けたことはありません。

ドラフト会議は品評会でもあり球団の公開編成会議でもあると思います。

このブログを書いている最中に、ドラフト一巡目、第一位指名の報が入ってきました。
今年の最大の目玉で原辰徳巨人監督を叔父に持つ東海大学菅野投手を日本ハムが指名し、抽選で交渉権を獲得したと。
巨人以外は入団拒否を表明していた菅野投手を日本ハムが果敢に指名し、交渉権を得たことくらいが今年の波乱でしょうか。

シーズン終盤、優勝争いから失速したことからファンの期待感を取り戻すためにも、本気でチーム強化をする意思を示すドラフト会議への取り組みだと評価します。
勝利への執着がないスポーツビジネスには、明るい未来も夢もないと考えます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。