スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森と木とのふれあいフェア 2011

先月の22、23日に岐阜県庁で開催された『森と木とのふれあいフェア』に出展した時の話を。

弊社木材部にとっての修行の場です(笑)。
普段は製材工場で弊社・『木材部』・製材のスタッフは木とニラメッコ。
日常業務ではエンドユーザーとコミュニケーションを持つこともなく、モノを販売する機会などありません。
その『木材部』・製材のスタッフが、一年に一度モノを売る体験をするわけです。
多くの来場者がいるわけですから様々な意見にさらされます。

『森と木のふれあいフェア』は『岐阜県農業フェスティバル』と同時開催で行われています。
『農業フェスティバル』は県下最大級の農業イベントということで認知度は高いのですが、『森と木のふれあいフェア』は・・・。
『農業フェスティバル』の片隅で木材関係のイベントが何か行われているなあ程度かもしれません。
土日の二日間で20万人近くの人を集めているのです。
こんなに多くの人が県庁に足を運ぶ機会など早々ありません。
毎年思うのは『農業』、『林業』だけのイベントに終わらせてはもったいないと。

来場者には多くの小学生がいます。
普段も、県庁内見学を受け付けていて学校単位で社会見学を開催しているようです。
しかし、親子で庁舎内の見学をする企画を実施してはどうかと思うのです。
知事室の椅子や議場の議長席に座り、親子で記念写真を撮るなどしたら、子供よりも親が県政に関心を持つというものです。
子供が成長して成人となった時にも県政に関心を持つのでは。
役所は縦割りだからと諦めるのでなく、風穴を開ける行政マンが出てきて欲しいものです。

県庁が多くの人で賑わうことなど、一年に一度しかないのですから、このイベントが更に大きく発展することを願います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。