スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC岐阜の今

FC岐阜が東海リーグ二部の頃から支援をしてきました。
今もその気持ちに変わりはありません。
カテゴリーが上がるに従い問題が質量ともに大きくなる中で、支援する仲間同士の連帯も深まって、Jリーグ入会の関門も突破したのですが・・・。

FC岐阜と同時にJリーグ入りしたロアッソ熊本には、あらゆる面で大きく水をあけられたように思います。
来季、ロアッソ熊本はJ1昇格を現実的なものとするでしょう。

今季J1優勝の柏レイソルの中心選手北島秀朗を獲得に動いているとの報道からも、本気でチーム強化を図っていることが見て取れます。岐阜にはない発想です。
しかしJ1昇格のためのクラブ運営とはそういうものでしょう。

私はロアッソ熊本には特別な想いがあります。
FC岐阜と同時にJリーグ入りしたという理由だけではありません。
僕の本業は材木屋です。熊本のユニフォームスポンサーである藤田(株)・『神城文化の森』は同業者だからです。

藤田(株)・『神城文化の森』がロアッソ熊本のユニフォームスポンサーに名乗りを上げた時の衝撃。木材産業は斜陽産業です。にもかかわらず…
本業で力を付けるのが先だと、藤田(株)・『神城文化の森』に教えられたのです。

サッカーには『する』、『見る』、『支える』という要素の他に、人の心に灯をともすような『勇気付ける』という要素もあるのだと思います。
また、FC岐阜・サッカーを通して、藤田(株)・『神城文化の森』からはモチベーション・アップの機会をもらいました。

FC岐阜は、『岐阜の人の心に灯をともす』岐阜を豊かに活気づける大きなプロジェクトだと信じています。
ただ現状は淋しい。
地元の人たちにとって、誇るべきクラブとは呼べない現状に・・・。
ピークは過ぎたといえ往年のビッグネームと呼べるベテランや将来有望な若い選手がいるわけでもなく、技術もソコソコ、こじんまりとした優等生の選手たち。
リーグ戦で最下位ではチームとしての魅力はありません。

何より『岐阜を第二の故郷』、『我が街、岐阜』と口にすることのないチームスタッフでは、岐阜に愛着がある人から見放されていってしまうでしょう。

FC岐阜のJリーグ初年度に大学新卒で入団しミスター岐阜的存在であった菅和範選手の移籍の報に、FC岐阜が泥船となって沈んでいくのではないかと暗澹たる思いです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。