スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラゼニ

楽天から阪神にトレードで移籍することになった左腕投手・松崎が『来シーズンは自身の存在価値を考え、サイドスローに転向する。』と表明した話を聞いて思い出したのが、『グラゼニ』です。

週刊モーニングに連載されている異色の野球漫画、『グラゼニ』。
あまり漫画を読まない私が、現在唯一楽しみにしている漫画です。

『グラウンドにはゼニ(銭・金)が落ちている。』とは南海ホークス黄金期の監督鶴岡一人の言葉で、この言葉によって育てられたのが野村克也。
この言葉からタイトルが付けられたようです。

漫画・『グラゼニ』の主人公は左・サイドスローの中継ぎ投手・凡田夏の助(ぼんだなつのすけ)。主に中継ぎで左のワンポイントのほか、便利屋的にロングリリーフやローテーションの谷間に先発することもありながら、実力的には何とか1軍に残っている微妙な立場の選手です。
選手名鑑を常備し12球団の選手の年俸をすべて記憶している『年俸マニア』。
ですから対戦相手の年棒が気になり、自分の年某以下の選手には強いが、自分以上の選手には弱い。ただし年棒がかけ離れた高額選手には開き直ることで好結果が生まれる傾向がある気弱などこにでもいそうな選手です。
また他の登場人物の設定やエピソードもリアルで、鳴り物入りでプロ入りしたものの故障で芽が出ず引退していく選手や裏方スタッフの生活など・・・。

『ドカベン』などに代表されるかつての(少年)野球漫画と異なり、選手のプレーよりも『ゼニ』を中心にした選手心理や選手(プロ野球関係者)の生活などが細かに描かれるところが興味深く、大人の読者層を対象とした青年コミック誌らしい内容に惹かれています。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。