スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岐阜の『未来』図書館

昨日の続きです。
「従来の図書館にはない機能とは何ぞや?」、「お前はどのような図書館が岐阜には必要だと考えるのか?」とのご意見をいただいたので・・・。

私は図書館をよく利用するわけではないので頓珍漢なことがあるのを御容赦ください。
ただ、読書量は多いと思います。

今後、出版界は電子書籍について避けて通ることはできないでしょう。図書館も然り。
ですから大きなハコ・建物は必要ないと考えます。文化施設としての図書館ならば、文化施設・文化行政についての岐阜市のグランドデザインを知りたいものです。

長野県では田中康夫前知事が高校の図書館を地域住民に開放することを進めました。
中央集権型の施設でなく、地域・地方に分散させることはまるで毛沢東のようです。
金をかけずに仕組みを変えて実利を取ることが、地域住民にとってもメリットが大きい。
モータリゼーションっへの依存が大きい山間地域とはいえ、近隣の都市にある図書館に脚を運ぶよりも公立高校の図書館の方が利便性が高いのですから、地域住民にも利があります。

岐阜市に大きな図書館が必要なのでしょうか?
中心市街地に図書館を建設することが岐阜市にとって必要である理由はありません。
それでも図書館が必要だと言うならば、『未来会館』をリノベーションだと言うのです。

私は『岐阜市立ぎふ未来図書館』とネーミングするのが良いと考えます。
『未来』図書館と言うからには、電子書籍の導入や新たな運営方式を採用するなど新機軸を打ち立てるのです。
それには『未来会館』の場所が相応しい。
リノベーション図書館として未来に渡り、岐阜の『知』を発信する場所として輝くことを期待して。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

田舎の図書館は、田舎で数少ない老若男女が集まる場所だと思います。私も時々地元図書館に行きます。子供連れて。おじいさんは新聞を読んでいたり、その横で孫は絵本読んでいたり。
また地域について書かれたの本というのは地域の図書館にあります。他のどんな大きな図書館に行ってもないような。
蔵書の量ではなく、見せ方、使い方、そこに集まる人で何かあたらしいことが始まる可能性は面白いと思います。

Re: No title

大きな『中央』図書館よりも、近くの図書館が市民にメリットを与えると考えます。
電子書籍の普及と、それを図書館で展開させることでスペースは不要になります。図書館を作るならば、あるべき図書館についての議論と文化・教育行政のグランドデザインを岐阜市は示せと言いたい。
仰るように岐阜市ならではの図書館スタイルも考えるべきと思います。

中川

> 田舎の図書館は、田舎で数少ない老若男女が集まる場所だと思います。私も時々地元図書館に行きます。子供連れて。おじいさんは新聞を読んでいたり、その横で孫は絵本読んでいたり。
> また地域について書かれたの本というのは地域の図書館にあります。他のどんな大きな図書館に行ってもないような。
> 蔵書の量ではなく、見せ方、使い方、そこに集まる人で何かあたらしいことが始まる可能性は面白いと思います。
プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。