スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユニクロに行ってきました

「服は安くなった」と思います。
ユニクロに行ってきました。
コットンパンツを購入するのが目的だったのですが、『ついで買い』でカジュアルなベルトとブリーフ、ビジネスシャツも・・・。
それらと当初の目的のコットンパンツ2着で、1万円札で納まる金額に冒頭の思いを持ったのです。

服が好きです。ファッションに興味があるというよりも、自分の場合は服が好きなのだと自覚するようになったのは、ここ数年のことです。
なぜなら服や靴には興味が合っても、アクセサリーなどには全く関心がないからです。
また服を身につけるだけでなく、縫製やパターンを見ることも好きなので、「自分は服が好きなのだ。」と思うに至りました。

ユニクロは『良くできている』と思います。
パンツの尻ポケットの端部には半円に補強のステッチが入れられています。
とても3000円以下の品質ではない。
コットンパンツのチノクロス生地の程度を確かめるために両手で生地をつかんで擦り合わせても表面がコバ立つことはないのです。

『品質が良く安ければ良い』と言うものではないと考えます。
かつて、ケヤキの尺(30センチ)角の大黒柱。1本100万としたものです。
完成した家の大黒柱を撫でながら『この大黒は100万円や!』と自慢をするお客様がいました。
ところが今日の大黒柱の価格(相場)は・・・。

大学を卒業して東京の会社に入社する前。雑誌で見て憧れていた飯倉片町のブティックを訪れた時のこと。
隣から甘い香りが・・・。隣の男性客の顔を覗き込むと松田聖子の元旦那。
最近でも変わらぬ若さを保ち、還暦に手が届きそうな年齢にもかかわらず、女優とのゴシップネタが報じられる彼と隣りあわせで買い物をしたことがあるのです。
彼がイタリア製のニットのセーターを買い求めて立ち去った後、色違いのセーターの値札を確かめると『¥150,000ー』とありました。
当時の私には手が出ない価格帯。しかし『いつかはクラウン』のように『いつかは・・・』と。
残念ながら未だに叶いはしませんが。

ユニクロは、安売り屋ではなく進化・発展するカテゴリキラーだと思います。
高級衣料品の価格帯を席巻する商品・ブランドを構築するくらいの力があるはずです。期待して注視しています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。