スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒノキ合板活用プロジェクト成果報告会

今日は平成23年度ヒノキ合板活用製品開発事業の成果報告会がありました。

他の事業(『県産材利用住宅補助事業及び木造公共施設整備事業に関する説明会』)に付随して行なわれるとのことだったので、軽い気持ちで臨んだことが間違いでした。
他の採択事業者の方たちは、紙資料の量・実物見本・プロジェクターを利用したプレゼンテーション・・・、紙のパンフレット一枚しか用意しなかった私は赤っ恥を・・・。

私の企画は以下の通りでした。

『ぎふのヒノキの押し入れセット』ーヒノキの香りが押入れに・・・
ヒノキ合板が他の合板と比較した場合のメリットは、香りと美しい仕上がりです。
しかしそれだけをもって一般建材メーカーの押し入れセットと差別化するには訴求力がチョット足りないと考え、納入先に固有のモジュールにあわせて部材をジャストカットして届けることを企てました。
押し入れセットの部材とは、押入れの段板であるヒノキの合板+前框(前掛け)、後框(後掛け)、根太、雑巾摺りで構成されます。
それらをジャストカットで納めることで現場加工が省力化されるとともに、ゴミ・廃棄物の減少も見込まれることを強調しました。
合板は寸法制度が高く最も工業製品に近い木材由来の製品だと考えます。それに香りや手触りと言う五感に訴える利点が付いたのがヒノキ合板です。

『ぎふのヒノキの押し入れセット』を某ハウスメーカーの岐阜県限定仕様としての採用を進めるよう活動もしましたが・・・。
未だ大量採用には至っていません。

素材そのものの魅力を引き出したシンプルな製品だと自負しています。
ヒノキ合板普及の牽引となる商品に育てていきます。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。