スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交流戦・順位予想

プロ野球・交流戦が始まります。

開幕前にセ・パ両リーグの順位予想をしましたから交流戦もしてみます。
1.ロッテ
2.ソフトバンク
3.西武
4.楽天
5.日本ハム
6.オリックス

1’ヤクルト
2’巨人
3’阪神
4’広島
5’中日
6’DeNA
の順位を予想しました。
交流戦とは何ぞや?交流戦の最中、各球団とも交流戦の順位を競っている意識はなく、ペナントレースに交流戦の成績が組み込まれるという意識でいるようです。
交流戦の順位はあくまでもオマケに過ぎないのです。ですからリーグ別に順位を作成したのです。

過去7回の交流戦は、全てパリーグの球団が優勝。
一昨年の2010年に至っては、一位から六位までの上位6チームがパリーグ、7位から12位までがセリーグとハッキリと色分けされたことから『パ高セ低』と認識されているように思います。
しかし、今年はパリーグの球団からチームのエース級の投手が流出していることから、今までの交流戦の成績とは違う結果が生まれるのではないかともいわれていますが・・・。

交流戦の成績を左右する要素は何か?
交流戦は同一チームと3連戦を組まれることはありません。同一チームとホーム2試合・ビジター2試合の形式です。連戦も最大4連戦。
また、地方球場を使用することもありません。セリーグの球場に比べてパリーグの球場は広い。神宮・東京ドームのような狭い球場はありません。内外野とも(特に外野は)守備力が求められます。
セリーグ球団が、守備の穴をDHに回し、守備力のある選手を先発させたところで打線の切れ目が生まれるだけです。普段からのチーム編成の問題です。
実はソフトバンクを例外としてパリーグの球団は先発投手陣の駒が不足しています。ところが交流戦は連戦も最大4連戦までなので、先発投手のローテーションに余裕が生まれ、普段よりも負担が少なくなるのです。
投手陣の構成について、先発型よりも中継ぎ型の投手陣が豊富なのがパリーグ球団。DH制を敷いているから、いきおい投手リレーが盛んになっているからです。
つまり現行の交流戦の開催要項が、パリーグに有利にできているのです。(偶然でしょうが・・・)
交流戦の試合数がホーム3試合・ビジター3試合と変われば、セリーグ球団にも有利に働くと考えます。

また交流戦の楽しみは、野球の試合だけでなくファン・応援団のスタイルにもあります。
地道な営業努力でファン・応援団を拡大してきたパリーグ球団とセリーグ球団の違いが明らかにされたのも交流戦が始まってから。
野球の質の違いとは何か?ファン・応援団の違いとは何か?
スポーツとして、エンターテイメントとして、新しい潮流は交流戦から分かるような気がします。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。