スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野村ホールディングス

株主総会は興味深い。業界団体・任意の団体のそれとは異なり、様々な意見が出るのは、利害関係が一致するとは限らないことに起因すると思います。
『しゃんしゃん総会』を良しとする風潮がありますが、それは間違いです。
モノ言う株主を排除しようとする組織は、組織自体に疚しさが存在すると言えましょう。

6月27日の野村ホールディングスの株主総会を前に、特定の株主から「会社のトイレを全て和式にせよ」などという『珍』提案が出され、話題となっています。
株主提案とは、株主が株主総会の議案を提案する権利です。
株主提案権を行使するためには、6カ月前から継続して、議決権の100分の1以上か、または300個以上の議決権をもつ必要があります。確か、総会日の80日前までに提出しなければいけないので、かなり前から発案していたことでしょう。
株主提案権は、株主が経営に参加することができることを意味します。

特定の株主1名からの100の『珍』提案。そのうち、81個は要件を満たさないため議案となったのは19個ですが・・・。
株主総会の招集通知に掲載された第12号議案。
提案の内容:貴社のオフィス内の便器はすべて和式とし、足腰を鍛練し、株価四桁を目指して日々ふんばる旨定款に明記するものとする。提案の理由:貴社はいままさに破綻寸前である。別の表現をすれば今が「ふんばりどき」である。営業マンに大きな声を出させるような精神論では破綻は免れないが、和式便器に毎日またがり、下半身のねばりを強化すれば、かならず破綻は回避できる。できなかったら運が悪かったと諦めるしかない。と、あります。
議案となった内容がこれですから、議案に上げられなかった、81個の方に興味が湧きます。

野村ホールディングスは(当然のことですが)これらの珍提案にも正面から対応。
株主総会では、インサイダー取引事件の疑いで現在も証券取引等監視委員会による特別検査が行なわれていることなどの問題に比べれば、カワイイものなのでしょう。
それにしても、株式を公開することは、あらゆる面で社会に晒されることでコストが発生することなのだと理解しました。

実は、縁あって野村ホールディングスの株を所有していたことがあります。ですから、こんな『珍』提案に総会の進行がどうなるのかも興味があるのです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。