スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界大学野球選手権が中止になって

全日本大学野球選手権は、史上初の甲子園優勝投手同士の投げいの末、早稲田大学が亜細亜大学を4─0で下し、日本一に輝きました。
破れた亜細亜大学の東浜投手は今秋のドラフトの目玉となる選手。また早稲田の吉永投手は入学したての黄金ルーキー。神宮球場は、さぞ盛り上がったことでしょう。

その話題の陰で、7月に台湾で開催予定だった世界大学選手権が中止になったとの発表もありました。
参加チーム数が規定の6チームに満たないことが理由だそうです。
世界規模での野球の普及とは、その程度なのが現実です。
欧州に野球を普及させる活動を日本のスポーツメーカーが注力していたのは10年ほど前まで。
記憶が正しければ、ゼットはフランス、ミズノはオランダ、イタリア・スペインをSSKが営業活動していたように思います。
アジアに転ずれば、ミズノは中国市場の開拓に熱心だったように・・・。

世界大学野球選手権中止はアメリカンスポーツの普及の限界を示しています。
何より、必要な道具が多いことと、ルールが複雑なことがアメリカンスポーツの特徴です。
野球しかり、アメリカンフットボールしかり・・・。
必要な初期費用(投資)さえ、賄えない国や地域が多いのです。

世界に広がるボールゲームは、スポーツとしてシンプルです。
プレースタイルも攻守の切り替えが流動的なものが多い。
アメリカンスポーツは、システマティックで攻守の交代が明らかです。
特に野球は動いている競技者が極端に少ない。
アクションを起こせるのは、基本的に投手のみ。残りのプレーヤーはリアクション型です。
また、学校単位のスポーツ組織は米国型。欧州では地域のスポーツクラブに所属することが多い。

米国や日本でのスポーツと同じスタイルが世界中にあるわけではありません。

それでも野球が面白いのは、プレー以外のところに価値を見出すことができることでしょう。
プレーに間があるから、次のプレーを想像できます。
だからスタジアムでの観戦だけでなく、テレビで見ても面白いし、ビジュアルのないラジオでも聞いていられるのが野球です。
『野球』は野球の独自の発展を目指せば良いと思います。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。