スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寸法を測る

『小沢原理主義者』と、誹り(?)とも賞賛(?)ともつかぬ称号をいただいたこともあります。
しかし賞味期限が切れたと考えています。良し悪しではないのです。残念ながら時を逸したと思うのです。

日本では二大政党制が機能しなかったことが証明される時が近づいてきました。民主党は分裂するでしょう。
小沢新党が現実味を帯びてきました。
先の衆院選で圧勝し政権与党となったものの、まともに運営できず今日に至る。
結局のところ、官僚主導で自民党と変わらぬ政策しか実現できないないことも明らかになりました。

私を含め小沢一郎に大きな期待をした国民は多かったはずです。
しかし、今日に至るまで大きな実績を何も残せなかったことは事実です。
官僚、検察・司法、マスコミなどの妨害があろうが、それを排除する実行力を我々は期待していたのですから。

小沢グループが消費増税を含む社会保障と税の一体改革関連法案の衆院採決で「反対票を投じる」と表明していますが、マニュフェストに照らし合わせば道理はあります。
造反者として処分を受けるのか、離党をするのか。また離党するならばタイミングはいつか。
新党結成について言及する以上は、党を離れることが前提となっています。

勝負がけのタイミングはいくつかありました。
権力闘争としては、菅直人との代表選挙。
親に作ってもらった民主党が政党の体裁を保つことが第一の鳩山由紀夫は、とにかく分裂を避けたい一心で行動しました。それが小沢の敗着の原因です。
その時に、『これは痛みを伴う権力闘争だから、政策実現のためには膿みを出し切ろう。』と、鳩山はじめ中間派を説得すべきだったのです。今さら詮方ないことですが・・・。
また震災後にもチャンスはありました。
被災地に入り東北復興の先頭に立つパフォーマンスで国民からの支持率を集めるチャンスが。
とにかく言葉も行動も少なすぎるのです。
今となっては、『幽霊の正体見たり枯れ尾花』・・・。

私は小沢一郎が採決でいかに振舞うかを注視しています。
まさか欠席や棄権ということだったら、モノサシを叩き割ります。
採決の結果は賛成多数でしょうから、次世代の政治家に捲土重来の道筋を示し、自らは一線を退くことを期待するのですが、その姿から小沢一郎を評価する最後の機会だと考えています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。