スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋号

弊社は『マルエイ』です。
創業者の名前の『英太郎』の頭の一文字を取って、〇に英です。
材木屋の屋号は、『ヤマ・・・』、『カク・・・』に『マル・・・』というケースが殆んどだと思います。

今日、業者研修会で会社のあらましを語った時に、予定にはなかったのですが屋号について自然と話していました。

材木屋の屋号の話。
屋号は業態を表すと聞いたことがあります。
頭に『ヤマ・・・』と付くのは山仕事、山林所有者・・・などの山に近い仕事を主たる業務にするケースが多く、『カク・・・』と付く場合は四角くなった製材品を扱う業者か、四角く製材する業者であることが多いと。
そして弊社が該当する『マル・・・』は原木丸太を扱う業者であるというのです。
山から原木丸太を町の市場に持ってきたり、原木丸太を製材したりと、扱う木材が丸い者が『マル・・・』という屋号を付けるのだと。

先代の葬式の時に聞かされたのですが、弊社の創業時には屋号がありませんでした。
創業者である先々代が専ら滋賀県の社有林の山の管理をするようになり、先代が岐阜で製材と建築を担うようになった時に、先代が社名の前に『〇に英』と冠を頂くことを始めたのだと。
自分では照れくさくて説明できないことでしょうが、存命中に知りたかったものです。

その分、今は屋号を大切にしています。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。