スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立ち上がれ、小沢一郎

石原東京都知事が24日から予定していたロンドン出張を体調不良で取りやめるとの報道に・・・。
石原慎太郎は、6月末のシンガポール出張で発熱して以来体調がすぐれず、医師からも検査を勧められ、ロンドン五輪への視察を諦めたと聞き、「遊び好きの石原慎太郎がロンドン五輪のアトラクションを取り止めるくらいだから、相当健康状態が悪いのだろう。」と思ったのです。
そして「近く引退するのでは?」と、予想したのです

それが現実になったなら、小沢一郎には、東京都知事となり政治家としての力量を示して欲しいと思います。
民由合併から、長い年月をかけて政権交代を成し遂げたにも関わらず、結局のところ内外からの妨害などにより、大した成果を残すことができませんでした。
誰が悪いのでもなく、政治家は結果で評価されるべきですから小沢一郎が『ダメ』だったのです。
敵が多ければ多いなりに、強大ならば強大なりに排除するのが、権力者の務め。
期待していましたが、残念ながら「やられた」のです。

乱暴な意見かもしれませんが『政治家は「やりたがり」である。』と考えています。
首長ならば、支持率を背景に自身の考え・政策を推進しやすく、また首都・東京都のトップであれば情報発信は国の内外に大きく影響を与えます。
都知事に就任した暁には、『首都・東京から日本を変える』を合言葉に自身の力を誇示するのです。
国政以上に手腕がダイレクトに問われます。
そこで有無を言わせぬ実績を築き、再度国盗りです。それしか方法はないと思うのです。年齢は言い訳になりません。
それとも「やりたがり」の対象が「まつりごと」でなく、「政局」なのでしょうか。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。