スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コペルニクス的転回

プロ野球クライマックスシリーズが開幕しました。
セ・パ両リーグの優勝・順位はレギュラーシーズンの成績によって決められます。ですからクライマックスシリーズはセ・パ両リーグの順位を決めるためのものではなく、日本選手権シリーズの勝ち上がりトーナメントということになります。
10年前に、こんなシステムは存在しませんでした。しかし現在の小中学生にとっては、この精度でプロ野球日本一が決定されることは当たり前のことになっています。レギュラーシーズンの順位が繁栄されないことに、わだかまりを持ち続けるのは柔軟な頭を持ってない証拠だと言うのは言いすぎでしょうか?

今日の西武対ロッテのクライマックスシリーズ第一戦。両チームのファンにとっては、タマラナイ試合だったことと思います。画像を直接には見ていない私でも、ツイッターから伝わる雰囲気、試合経過から、そう感じるのですから・・・。

『負けられない戦いがある。』
プロ野球に真剣勝負のトーナメントを持ち込んだら、こんなにもエキサイティングだったとは・・・。
また、『日本選手権シリーズ』システムが導入されてから、レギュラーシーズンの終盤戦の様相も様変わりしました。以前だったら優勝の可能性のないチームにとって、終盤戦は真剣勝負の妙味の欠けた消化試合。それが、3位にまで入れば、日本一の可能性があると変わった事で、順位が最終試合にまで縺れ込む事まで見られ、同時に観客数も最後まで維持できるようになりました。
興行的にも大成功だといえるでしょう。


誰が考えたのか、この『日本選手権シリーズ』システム。プロ野球日本一を決めるのは『プロ野球機構』であるというものを、決めるのは『ファン(観客)』・『スポンサー』の注視であるという発想に転換したものであると考えます。
どんなハイレベルの野球があろうとも、『ファン(観客)』・『スポンサー』のいない試合は、淋しいものです。『日本選手権シリーズ』システム導入前には、日本シリーズ自体が消化試合的盛り上がりの欠けたものになっていました。
きっかけはパリーグのプレーオフ制度の導入が成功したことにあります。注目度が低いパリーグだからこそ『コペルニクス的転回』が生まれたと言えるでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。