スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遮熱塗装

弊社の塗装工事をお願いしている南部建装㈱の松村さんを講師に招いて弊社建築部の社員の勉強会。

DSC03706_convert_20120731204838.jpg

塗装工事全般についてから、話題は最近のトレンド『遮熱塗装』に・・・。

最近はテレビなどでも取り上げられることがあり、建築業界の者だけでなく一般のお客様にも『遮熱塗装』の認識が浸透してきました。
弊社でも『遮熱塗装』を施工したことがあり、お客様から高く評価していただきました。

『遮熱塗装』とは何ぞや?
文字通り、熱を遮り室内の温熱環境を快適に保つことを目的とするものでしょうが、熱を遮る機能だけで温熱環境の改善が捗るものではありません。
しかし改善されることは確かです。

南部建装㈱の松村さんの言葉です。
『「どうせ建物の外壁を塗装するなら遮熱機能のあるものを・・・。」と、営業マンに限らず、セールストークに勧められる方が多いようですが、メリットとデメリットをしっかりとお客様に伝えてください。』と。
価値観を共有できる協力会社だと、改めて思ったのです。

『遮熱塗装』は万能ではありません。
もちろん『遮熱塗装』を否定するつもりはありませんし、施工もしてきました。
技術革新によって遮熱なる機能が塗料にもたされたことは素晴らしいことだとも思います。
また、単に熱を遮るものから熱伝導率を落とす機能をもったものまで開発は進み、今や、『遮熱塗装』にもグレードがあるのです。

ただ私たちの考えはこうです。
『遮熱塗装』によって室内の温度が下がることは確かですが、それさえすれば良しというものではないと考えます。
塗装ですから経年劣化は免れない。年々、遮熱の性能が落ちていくことも間違いないのです。
これらの情報を明示し、理解をしていただいた上で『遮熱塗装』のご用命賜わりたいのです。
また、『遮熱塗装』よりは劣りますが、『遮熱塗装』によらずとも塗装色の選択によって、室内温度の改善は図れます。

塗装の第一の目的は『建築物の保護』と『美観』です。
これらの目的を達成した上で、『遮熱塗装』による室内温度の改善が図られるのが理想だと、松村さんの話を聞きながら考えていました。

断熱、遮熱に限らず、採風、射光などの建築的手法によって、室内の環境の改善は図れます。
建物の条件から、家族のライフスタイル・志向によってベストな方法は異なります。

能書きと講釈は多いですが(長くはないと思いますが・・・)、お気軽に相談ください。






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。